簡単に出来る換気扇のシロッコファンの掃除法

家の中で最も汚れが気になる場所だけれど、中々手をつける気になれないところといわれて真っ先に頭に浮かぶのがキッチンの換気扇という人は少なくありません。毎日の料理で大量の水蒸気や油を含んだ空気を吸い込んで排気する場所なだけに、べとべと汚れがびっしりとついているイメージがあります。お掃除サービスを利用するのが最も確実に綺麗にする方法だとは思うけれど、やはり料金が気になるという人は、プロにお掃除してもらわなくても、その仕組みと分解方法がわかれば自分で綺麗にすることは可能です。毎年年末の大掃除になると、頑固な換気扇の汚れを想像しただけでブルーな気分になってしまうという人は、せっかくなのでコツを覚えて自分ですっきりと掃除することに挑戦してみてはどうでしょう。

換気扇による排気方式は主に2種類

キッチンの排気のためのシステムには主に2種類あります。縦長の筒状に細長い板状の羽をたくさんつけたファンがシロッコファンと呼ばれるもので、もう1つはプロペラタイプのファンを使用したプロペラファンです。シロッコファンは屋外に排気する際にダクトを通して排気することもできるため、設置面が外と面していなくても取り付けることが可能なため、たとえばアイランドキッチンや間取りの真ん中あたりに設置されるマンションのキッチンなどにも向いています。プロペラ方式に比べて部品が大きく複雑ですが、駆動音はプロペラよりも静かだといわれる特徴があります。キッチンの油汚れなどに常にさらされるキッチンの排気システムは汚れがつきやすく、掃除が大変なイメージがありますが、コツを覚えれば案外苦労せずに掃除が出来るものです。

シロッコファンを綺麗に掃除する方法

換気扇周りのしつこい汚れの正体は調理中の油にほこりなどがこびりついて酸化したものです。そしてこの汚れは酸性なのでアルカリ性の洗剤を使用するのがポイントです。まずはフィルターと屋根部分のねじをはずし、中心部分のねじをはずしてはねを取りはずします。40度から60度くらいの少し熱めのお湯を取り出したファンがつかるくらいまでバケツにいれ、油汚れ専用の洗剤を混ぜます。全体に洗剤が行き渡ったらファンを漬け込んで20分ほど放置し、洗剤をしっかりとしみこませます。その後、汚れがふやけてやわらかくなったところでファンを引き上げ、シロッコ専用のブラシを使って羽の間をこすると、ふやけた汚れがするりと落ちます。専用のブラシを使うことで洗い残し無く、ストレスを感じずに掃除することが出来ます。