換気扇にはシロッコファンとプロペラファンがある

キッチンの設計をするときに欠かすことの出来ない重要な設備機器の1つに換気扇があります。調理中の煙やにおいなどが部屋の中に広がる前に排出することで、においがこもったり油煙で室内が汚れたりするのを予防してくれます。その家でどの程度料理に使用するかにもよりますが、換気扇を選ぶときに大切なポイントが排気能力と掃除のしやすさです。特に油料理をよく作るような家庭では、換気扇設備は汚れやすいものなので、いかに掃除がしやすいか、汚れがつきにくいかというところは特に使う側にとっては気になるものです。そして換気扇部分の方式には直接排気式のプロペラファンタイプと、ダクト排気式のシロッコファンタイプの2種類があります。そしてフード部分も現在は多くの機能のものが出ています。

様々な工夫が施されたキッチンの換気システム

近年様々なメーカーから換気システムが製造されていますが、ファン部分、フード本体部分、フィルター部分などの形が工夫されていたり、汚れがつきにくいように加工された商品などが多くなっています。かつてはファンの部分を覆うようにフードをつけるタイプが中心でしたが、現在は汚れにくいフィルターが工夫されていたり、整流板を設置することで、より吸い込む力が強くなるように工夫されているものなども増えています。フードも汚れがたまりにくかったりフッ素加工やコーティングなどを施すことで汚れを落としやすく、普段のお手入れが簡単にしやすいように配慮されているものなども高い人気があります。そのほかにもいちいちスイッチを入れなくても煙や熱を感知することで自動運転してくれるタイプなど、より便利で安全に使用できるものも開発されています。

シロッコファンとプロペラファンの特徴

シロッコファンというのは縦長の板状の羽が円柱形に取り付けられたファンの事で、シロッコを回転させることで汚れた空気を吸い込むという仕組みです。このタイプの特徴としては排気システムがダクトを通すことによって排気するという仕組みのため屋外に隣接しない場所であっても取り付けられるというものです。たとえばマンションのキッチンなどは外壁と面していないことも多く、そうした場所にもしっかりと排気機能を取り付けることが出来るうえ、直接屋外と隣接した場所に排気するわけではないため、屋外の風の影響を受ける心配がありません。ただし、プロペラファンよりもやや吸い込む力が小さいところがデメリットだといわれています。またプロペラ式のものよりも駆動音が小さいのも特徴のひとつです。

ターボファンLSKは、空調機用両側吸込式ターボファンで活躍しています。 三上鉄工の製品は、効率アップと優れたコストパフォーマンスをお約束致します。 軸流ファンは、工事現場や塗装ブースで活躍しています。 設立年月日は、1965年4月です。 創業50年にわたり送風機・熱交換器を設計・製造してまいりました。 クーリングタワー用ファン用送風機で使われています。 換気扇のシロッコファンの製造販売は三上鉄工にお任せください